植物を扱う上での注意・免責事項 *お読みください

私自身は、(人類が長い間そうしてきたように)さまざまな場面で植物の力に助けられながら心身の健康なバランスを保ってきました。植物の力を体感しており、その安全性についても配慮しています。


皆様に植物のことを紹介させていただく上で、安全性についてのいくつか注意点と免責事項がありますので記載しておきます。


重要なポイントは以下です。

・ハーブは医薬品ではないことをご了承ください

・ハーブの使用の際の安全性については自己責任・自己判断でお願いします

・お薬を服用されている方、妊娠中・授乳中の方、アレルギーをお持ちの方、その他健康に懸念がある場合は担当医の方にご相談ください

・ハーブの効果については、個人の体質やハーブの質などによって差があります。もしもハーブがお体に合わなかった場合は使用を中止いただき、かかりつけのお医者さまにご相談ください。



・ハーブをはじめとする自然療法は「自然」のものだから安全、というわけではありません。(そしてもちろん、西洋医薬品が人工的だから悪いというわけでもありません。)

・自然界には、毒性のある植物やキノコも存在します。野生のものを採取する場合は、必ず安全性を確認してからご利用ください。特に、毒キノコの中には食用キノコと見た目がそっくりのものもたくさんあります。野生の世界では、謙虚さと注意深さを忘れずに、そして自己責任で植物やキノコを扱ってください。植物の中には毒を持つものもあります。


・コースの中では、ティンクチャーなどのアルコールを含むレシピも紹介しております。未成年の方、妊娠中・授乳中の方はアルコールの摂取はお控えいただき、それ以外の方もご自身の責任のもとレシピをご活用ください。


・このコースは教育目的であり、病気を治療するものではありません。

・正確で役立つ情報の提供を常に心がけておりますが、実際にハーブを使用する際はご自身で情報を確認してください。特に安全性については十分に注意して、自己判断・自己責任で植物を扱ってください。個々人の選択について、Seed from Earthでは責任を負いかねます。

・ハーブは通常医療ではなく代替医療の一種であり、ハーバリストは医療資格を持ちません。病気の症状の診断を行ったり、薬を処方したり、治療を行うことはできません。深刻な心身の症状を抱えていらっしゃる場合は、専門家にご相談ください。

・私たちは、これまでに立証されてきたハーブの力や安全性に基づいて、個々人に適したハーブを提案することは可能です。しかし、それは医薬治療の代わりとなるものではありません。

・ハーブと医薬品の併用による弊害が生じる場合もあります。すでにお薬を服用されている方、妊娠・授乳中の方、アレルギーをお持ちの方、その他健康に懸念がある場合は担当医の方にご相談ください。

・ハーブによる心身への影響/効果には、個人の体質やハーブの質などによって差があります。


完了して次に進む